破産申し立てにはどのような書類が必要となりますか?

 破産を申し立てる際にはいくつかの書類と申立書が必要となりますが、書類については債務者がもっている資産状況等によって、必要なものが変わってきます。よって、ここでは多くの場合で必要になるものを列挙していきたいと思います。
・住民票(全世帯・本籍地が記載された3か月以内のもの)
・資産目録
・陳述書(破産に至る経緯など)
・家計全体の収支状況(2か月分)
・預金通帳(過去2年分,繰越済・解約済と含めてすべて)
・債権者一覧表
 以上が常に必要となる書面です。債権者一覧表については,債権者の記載に漏れがあって場合、免責が認められないこともあるので注意が必要です。
 また,預金通帳は、未記帳の期間が長くなると合算記帳やおまとめ記帳という形で複数の取引が一つの記載にまとめられてしまうことがありますが,このような記載分については、詳細な取引履歴を債務者自身でその金融機関から取り寄せておく必要があります。
この他に,不動産があればその登記簿謄本,勤務先があれば直近の2か月分の給与明細や源泉徴収票、退職金計算書などが必要になってきます。自分に具体的に何が必要となるのかについては、相談した弁護士に聞いてみてください。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート