夫には,前妻との間に子どもが1人いて,私たち夫婦にも子どもが1人います。現在,夫との離婚を考えていて,協議をしております。夫は,現在も前妻に養育費を支払い続けておりますが,前妻は先日,他の男性と再婚したようです。このような場合,夫は前妻との間の子どもにも養育費を支払い続けなければならないのでしょうか。また,私との間の子どもの養育費を算定する際に,前妻の子どもの養育費も考慮されるのですか。

まず,養育費とは,子どもが健全に育成し,自立するまでの間に要する費用で,衣食住に必要な経費,教育費,医療費などをいいます。養育費の支払義務は,親が子どもに対して負う扶養義務で,親と同じ水準の生活を保持すべき義務ですので,前妻との間の子であっても自らの子である以上は,養育費の支払義務を負います。
養育費は,当事者間の合意によって定めることができるため,合意によって定める場合には,前妻の子を考慮するもしないも当事者の自由意思によります。もっとも,家庭裁判所の調停や審判によって養育費を算定する際には,夫の子ども全員が考慮されます。
上記のケースのように,前妻がすでに他の男性と再婚している場合であって,再婚相手が子供を扶養する意思が明確である場合(たとえば,再婚相手が子どもの養親となる養子縁組が成立した場合や子どもと同居し生活費を支出している場合等)であれば,前妻の子どもの第一次的な扶養者は再婚相手ということになります。したがって,夫の扶養義務は消滅しないものの,事実上負担せずに済む可能性が高いです。
よって,このような場合には,再婚相手が前妻の子どもを扶養することができない特別の事情が生じない限り,養育費の算定の際に前妻の子どもを考慮する必要はないです。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート