私は日本人で,外国人の夫と結婚したのですが,暴力がひどいので離婚しようと考えています。しかし,離婚の話をしたところ,突然夫が本国に帰国してしまいました。この場合,私はどこの裁判所に対して,どのような手続をとればよいのですか。

 日本人と外国人が離婚する場合には,①適用される法律はどこの国の法律かという問題(離婚の準拠法)と,②裁判所の手続を利用する場合にはどこの国の裁判所に申し立てるのかという問題(国際裁判管轄)という2つの問題があります。
 まず,①離婚の準拠法については,⑴夫婦の本国法が同一である時はその法,⑵その法がない場合は夫婦の常居所地法,⑶そのいずれの法もないときは夫婦に最も密接な関係がある地の法と定められています(法の適用に関する通則法27条,25条)。ただし,離婚に関しては,夫婦の一方が日本人である時には,日本法をその夫婦の密接関連法とするという規定があるため(同法27条但書),通常は日本法が適用されることになります。
 次に,②国際裁判管轄については,原則として被告の住所地にある裁判所が有するとされています。そうすると,外国人の夫がすでに本国に帰国している場合には,日本の裁判所に離婚の申立てをすることができないようにも思われます。
 しかし,最高裁判所は,原告が遺棄された場合,被告が行方不明である場合,その他これに準ずる場合には,原告の住所が日本にあるならば,日本の裁判所が管轄権を有するとしています(最判昭和39年3月25日民集18巻3号486頁)。
 ご質問の場合では,夫が勝手に帰国してしまったということですので,遺棄した場合にあたるのではないかと思われます。また,遺棄にあたらない場合でもこれに準ずる場合であるとして管轄が認められる可能性があります。そのため,まずは日本の裁判所に対し,離婚の請求をする方がよいと考えられます。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート