私の妻は,結婚3年目ころから某宗教団体に入会し,土日には「勉強会」なる集まりに参加するようになりました。その後,お布施と称して多額の出費をしたり,子どもの学校を休ませて布教活動をするようになり,最近では夫婦喧嘩が絶えません。豹変してしまった妻と離婚したいのですが,認められるでしょうか。

 憲法は,個人的人権として,信教の自由を保障しています(憲法20条1項)。そのため,夫婦が互いに異なる信仰を持つことは自由であり,一方の配偶者がもう一方の配偶者に対して,特定の信仰を強要したり,禁止することはできません。つまり,お互いに「寛容」の態度を持たなければならないと言えるでしょう。
 しかし,信仰の自由が保障されているからといって,宗教活動が日常生活や夫婦関係に影響を及ぼすことは許されません。限度を超えた宗教活動が原因となり,夫婦間に亀裂が生じ,その亀裂が修復できないまでに夫婦関係が破綻した場合には,「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)として,離婚原因にあたると考えられます。
 宗教活動が限度を超えているかどうかは,信者である配偶者の程度・内容・頻度,それによる家事・育児・仕事等への影響,子どもの学校生活への影響,親戚・近隣住民等との関係への影響などが考慮されています。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート