交通事故を起こしてしまったのですが、被害者の方が事故後の入院中に自殺してしまいました・・・。この場合、この死亡に対する慰謝料も賠償をしなければならないのでしょうか。

賠償しなければならない可能性もありますが、減額されることも考えられます。
 まず,被害者に大きな精神的衝撃を与え、その衝撃が長期間に渡り残るような事故態様であり,しかも事故後の補償交渉がうまくいかなかったことから被害者が災害神経症状態に陥ってしまった事件について、平成5年9月9日の最高裁判所の判断によると、災害神経症がうつ病に発展しやすいこと、そしてうつ病からの自殺発生率は,通常の自殺率に比べてはるかに高くなることから,たとえ被害者の自殺による死亡の場合であっても,加害者にその死亡による慰謝料の賠償の責任を認めています。とすると、今回の事件でも、死亡という結果に対しても賠償しなければならないと判断される可能性はあるでしょう。
 しかし,交通事故にあった被害者が常に災害神経症やうつ病になるとは限りませんし、災害神経症の人やうつ病の人が全員自殺に至るというわけでもありません。自殺に至ってしまう過程においては、被害者自身の性格等,精神的な要因が無関係ではないことが多いことから,このような場合には、前の質問で説明した素因減額が適用されることが考えられます。実際、前述の最高裁判所の例でも、8割の減額が認められています。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート