自動車を運転していた際、信号機のない横断歩道において,横断中の老人に気づかず急ブレーキをかける事態になってしまいました。幸いにも接触はしなかったのですが,驚いて転倒した老人は骨折してしまいました。自分が悪いことは重々承知なのですが,被害者自身が抱えていた骨粗鬆症という病気がなければ,骨折までには至らなかっただろう話を聞きました。このような状況でも,治療費等全額を私が支払わなければならないのでしょうか。

今回の事例では、被害者の骨粗鬆症がその損害を拡大させていることから,前の質問同様に素因減額がなされるかが問題となります。このように被害者自身の体質により素因減額されるのかが問題となる場合には、疾患とまでいえるようなものについては減額の対象とし、そこまでは至らない身体的特徴のときには、何か特別な事情がないと減額の対象とはしない、と考えられています。
とはいえ、疾患と身体的特徴というのは明確に分離できるものではなく、加齢により発生頻度が上がるような病気などは,その区別が特に難しいといわれています。 骨粗鬆症については、もともと人間は加齢により骨密度が減少するのが通常であることから、骨密度の値が同年代の平均値を大きく下回るような場合にのみ減額の対象となると考えられており、高齢者の場合、減額されないことが多いのが現状です。

アクセス

JR八王子駅北口徒歩4分

東京都八王子市明神町4-7-3
やまとビル3階(地図はこちら

交通

  • JR八王子駅北口徒歩4分
  • 京王八王子駅徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

八王子を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート